Search
Generic filters
搜尋類型

逆夢

分享此文章
FacebookTwitterLineEmail

逆夢()

藝人名稱:King Gnu

專輯名稱:一途/逆夢

發行日期:2021-12-29

發行公司:Ariola Japan

作曲:Daiki Tsuneta

作詞:Daiki Tsuneta

同專輯曲目

    • 逆夢
    • 一途

分享此文章

FacebookTwitterLineEmail

2022-01-11

歌詞原文

あなたが望むなら
この胸を射通して
頼りの無い僕もいつか
何者かに成れたなら

訳もなく
涙が溢れそうな
夜を埋め尽くす
輝く夢と成る

白い息は頼りなく
冬の寒さに溶けて消えた
あの日の重ねた手と手の
余熱じゃあまりに頼りないの

春はいつだって
当たり前の様に
迎えに来ると
そう思っていたあの頃

瞼閉じれば
夢はいつだって
正夢だと信じてたあの頃

あなたが望むなら
何処迄も飛べるから
意気地の無い僕もいつか
生きる意味を見つけたなら

愛と憎を
聢と繋ぎ合わせて
一生涯醒めない程の
荒んだ夢と成る

凍える夜空を
二人で抜け出すの
あたたかいコートを
そっと掛けたなら

あなたはいつだって
当たり前の様に隣にいると
そう思っていたあの頃

失くせやしない
記憶の雨が古傷へと
沁み渡ろうとも

あなたが望むなら
この胸を射通して
頼りの無い僕もいつか
何者かに成れたなら

訳もなく
涙が溢れそうな
夜を埋め尽くす
輝く夢と成る

記憶の海を潜って
愛の欠片を拾って
あなたの中にずっと
眩しい世界をそっと

この愛が例え呪いのように
じんわりとじんわりと
この身体蝕んだとしても

心の奥底から
あなたが溢れ出して
求め合って重なり合う
その先で僕ら夢と成れ

あなたが望むなら
この胸を射通して
頼りの無い僕もいつか
何者かに成れたなら

訳もなく
涙が溢れそうな
夜を埋め尽くす
輝く夢と成る

正夢でも、逆夢だとしても

歌詞翻譯

若這是你期望的
就射穿我的胸膛吧
若不可靠的我
在某天也能成為什麼偉人

毫無理由地
眼淚似乎就要滿溢而出
將漆黑的夜晚填滿
化為閃耀的夢

不可靠的白色吐息
融化在冬天的寒冷後消失
只憑那天雙手交疊留下的餘溫
也不夠可靠啊

無論何時
春天都會理所當然地
前來迎接
那時我曾這麼以為

只要閉上雙眼
夢境就會應驗
那時我曾這麼相信著

若這是你期望的
無論多遠我都能飛翔
若不爭氣的我
能找到生存意義

將愛與恨
緊緊聯繫起來
化為一生都無法甦醒的
萬劫不復的夢

兩人一起
從冰冷的夜空中逃走
若能輕輕披上
這溫暖的大衣

無論何時
你總會理所當然似地在我身旁
那時我曾這麼以為

絕不會失去
就算記憶之雨
滲透到舊傷中

若這是你期望的
就射穿我的胸膛吧
若不可靠的我
在某天也能成為什麼偉人

毫無理由地
眼淚似乎就要滿溢而出
將漆黑的夜晚填滿
化為閃耀的夢

潛入記憶的海洋
拾起愛的碎片
在你心中一直
悄悄地閃耀的世界

即使這份愛如詛咒般
一點一點地 慢慢地
侵蝕我的身體

我的內心深處
滿滿都是你
相互索求交疊著
我們就在這前方化作夢境吧

若這是你期望的
就射穿我的胸膛吧
若不可靠的我
在某天也能成為什麼偉人

毫無理由地
眼淚似乎就要滿溢而出
將漆黑的夜晚填滿
化為閃耀的夢

無論這夢境是否應驗都好

歌詞原文

あなたが望むなら
この胸を射通して
頼りの無い僕もいつか
何者かに成れたなら

訳もなく
涙が溢れそうな
夜を埋め尽くす
輝く夢と成る

白い息は頼りなく
冬の寒さに溶けて消えた
あの日の重ねた手と手の
余熱じゃあまりに頼りないの

春はいつだって
当たり前の様に
迎えに来ると
そう思っていたあの頃

瞼閉じれば
夢はいつだって
正夢だと信じてたあの頃

あなたが望むなら
何処迄も飛べるから
意気地の無い僕もいつか
生きる意味を見つけたなら

愛と憎を
聢と繋ぎ合わせて
一生涯醒めない程の
荒んだ夢と成る

凍える夜空を
二人で抜け出すの
あたたかいコートを
そっと掛けたなら

あなたはいつだって
当たり前の様に隣にいると
そう思っていたあの頃

失くせやしない
記憶の雨が古傷へと
沁み渡ろうとも

あなたが望むなら
この胸を射通して
頼りの無い僕もいつか
何者かに成れたなら

訳もなく
涙が溢れそうな
夜を埋め尽くす
輝く夢と成る

記憶の海を潜って
愛の欠片を拾って
あなたの中にずっと
眩しい世界をそっと

この愛が例え呪いのように
じんわりとじんわりと
この身体蝕んだとしても

心の奥底から
あなたが溢れ出して
求め合って重なり合う
その先で僕ら夢と成れ

あなたが望むなら
この胸を射通して
頼りの無い僕もいつか
何者かに成れたなら

訳もなく
涙が溢れそうな
夜を埋め尽くす
輝く夢と成る

正夢でも、逆夢だとしても

歌詞翻譯

若這是你期望的
就射穿我的胸膛吧
若不可靠的我
在某天也能成為什麼偉人

毫無理由地
眼淚似乎就要滿溢而出
將漆黑的夜晚填滿
化為閃耀的夢

不可靠的白色吐息
融化在冬天的寒冷後消失
只憑那天雙手交疊留下的餘溫
也不夠可靠啊

無論何時
春天都會理所當然地
前來迎接
那時我曾這麼以為

只要閉上雙眼
夢境就會應驗
那時我曾這麼相信著

若這是你期望的
無論多遠我都能飛翔
若不爭氣的我
能找到生存意義

將愛與恨
緊緊聯繫起來
化為一生都無法甦醒的
萬劫不復的夢

兩人一起
從冰冷的夜空中逃走
若能輕輕披上
這溫暖的大衣

無論何時
你總會理所當然似地在我身旁
那時我曾這麼以為

絕不會失去
就算記憶之雨
滲透到舊傷中

若這是你期望的
就射穿我的胸膛吧
若不可靠的我
在某天也能成為什麼偉人

毫無理由地
眼淚似乎就要滿溢而出
將漆黑的夜晚填滿
化為閃耀的夢

潛入記憶的海洋
拾起愛的碎片
在你心中一直
悄悄地閃耀的世界

即使這份愛如詛咒般
一點一點地 慢慢地
侵蝕我的身體

我的內心深處
滿滿都是你
相互索求交疊著
我們就在這前方化作夢境吧

若這是你期望的
就射穿我的胸膛吧
若不可靠的我
在某天也能成為什麼偉人

毫無理由地
眼淚似乎就要滿溢而出
將漆黑的夜晚填滿
化為閃耀的夢

無論這夢境是否應驗都好

推薦歌詞

發佈留言