Search
Generic filters
搜尋類型

Cry Baby

分享此文章
FacebookTwitterLineEmail

Cry Baby()

藝人名稱:Official髭男dism

專輯名稱:Cry Baby

發行日期:2021-05-07

發行公司:IRORI Records

作曲:藤原聡

作詞:藤原聡

同專輯曲目

    • Cry Baby

分享此文章

FacebookTwitterLineEmail

2021-05-11

歌詞原文

胸ぐらを掴まれて 強烈なパンチを
食らってよろけて 肩を並べうずくまった
予報通りの雨に お前はにやけて
「傷口が綺麗になる」なんて嘘をつく

いつも口喧嘩さえ
うまく出来ないくせして
冴えない冗談言うなよ
あまりのつまらなさに目が潤んだ

何度も 青アザだらけで涙を
流して 流して
不安定な心を肩に預け合いながら
腐り切ったバッドエンドに抗う
なぜだろう 喜びよりも心地よい痛み
ずっしりと響いて
濡れた服に舌打ちしながら
腫れ上がった顔を見合って笑う
土砂降りの夜に 誓ったリベンジ

胸ぐらを掴み返して 反撃のパンチを
繰り出すくらいじゃなきゃ
お前の隣には立てないから
相手が何であれ日和らない
何度伸されても諦めない
忘れるな 忘れるなと 言い聞かせ続けたのに

傘はいらないから言葉を一つくれないか
微温い優しさではなく
弱音に侵された胸の奥を抉るような言葉を

何度も青アザだらけで涙を 
流して 流して
不安定な心を肩に預け合いながら 
腐り切ったバッドエンドに抗う
なぜだろう 喜びよりも心地よい痛み 
ずっしりと響いて
濡れた服に舌打ちしながら 
腫れ上がった顔を見合って笑う
土砂降りの夜に 囚われの日々に 
問いかけるように
光った瞳の中で 誓ったリベンジ

歌詞翻譯

被揪住領口 吃了一記強力的拳頭
步履蹣跚地搖晃著 並肩蹲坐在地
如同預報所說下起了雨 你輕笑著
說著 「傷口會變乾淨」這樣的謊話

你總是
連吵架都吵不贏
就別說這無法讓人發笑的笑話了
無聊得讓我的雙眼都濕潤了

無論幾次 帶著一身的瘀青
讓眼淚流淌著
將不安定的心 寄託在彼此的肩頭
去反抗這糟糕的Bad End
不知為何 比喜悅更讓人舒爽的疼痛
深沉地響著
對著溼透的衣服一邊咋舌
一邊看著鼻青臉腫的對方笑了出來
在這傾盆大雨的夜晚 立下復仇的誓約

反揪住對方的領口 回以一記反擊的拳頭
拳頭不停烙下 不做到如此程度的話
是沒辦法站在你身邊的
無論對手是誰都不畏懼
就算被擊倒也不放棄
別忘了 別忘了啊 雖然一直這樣告訴自己

雨傘就不必了 可以對我說一句話嗎
我不需要不冷不熱的溫柔
給我能夠狠狠刺進被軟弱侵蝕的內心的話語吧

無論幾次 帶著一身的瘀青
讓眼淚流淌著
將不安定的心 寄託在彼此的肩頭
去反抗這糟糕的Bad End
不知為何 比喜悅更讓人舒爽的疼痛
深沉地響著
對著溼透的衣服一邊咋舌
一邊看著鼻青臉腫的對方笑了出來
在下著傾盆大雨的夜晚
彷彿向著被囚禁的日子發問一般
閃耀光芒的瞳孔中 立下復仇的誓約

歌詞原文

胸ぐらを掴まれて 強烈なパンチを
食らってよろけて 肩を並べうずくまった
予報通りの雨に お前はにやけて
「傷口が綺麗になる」なんて嘘をつく

いつも口喧嘩さえ
うまく出来ないくせして
冴えない冗談言うなよ
あまりのつまらなさに目が潤んだ

何度も 青アザだらけで涙を
流して 流して
不安定な心を肩に預け合いながら
腐り切ったバッドエンドに抗う
なぜだろう 喜びよりも心地よい痛み
ずっしりと響いて
濡れた服に舌打ちしながら
腫れ上がった顔を見合って笑う
土砂降りの夜に 誓ったリベンジ

胸ぐらを掴み返して 反撃のパンチを
繰り出すくらいじゃなきゃ
お前の隣には立てないから
相手が何であれ日和らない
何度伸されても諦めない
忘れるな 忘れるなと 言い聞かせ続けたのに

傘はいらないから言葉を一つくれないか
微温い優しさではなく
弱音に侵された胸の奥を抉るような言葉を

何度も青アザだらけで涙を 
流して 流して
不安定な心を肩に預け合いながら 
腐り切ったバッドエンドに抗う
なぜだろう 喜びよりも心地よい痛み 
ずっしりと響いて
濡れた服に舌打ちしながら 
腫れ上がった顔を見合って笑う
土砂降りの夜に 囚われの日々に 
問いかけるように
光った瞳の中で 誓ったリベンジ

歌詞翻譯

被揪住領口 吃了一記強力的拳頭
步履蹣跚地搖晃著 並肩蹲坐在地
如同預報所說下起了雨 你輕笑著
說著 「傷口會變乾淨」這樣的謊話

你總是
連吵架都吵不贏
就別說這無法讓人發笑的笑話了
無聊得讓我的雙眼都濕潤了

無論幾次 帶著一身的瘀青
讓眼淚流淌著
將不安定的心 寄託在彼此的肩頭
去反抗這糟糕的Bad End
不知為何 比喜悅更讓人舒爽的疼痛
深沉地響著
對著溼透的衣服一邊咋舌
一邊看著鼻青臉腫的對方笑了出來
在這傾盆大雨的夜晚 立下復仇的誓約

反揪住對方的領口 回以一記反擊的拳頭
拳頭不停烙下 不做到如此程度的話
是沒辦法站在你身邊的
無論對手是誰都不畏懼
就算被擊倒也不放棄
別忘了 別忘了啊 雖然一直這樣告訴自己

雨傘就不必了 可以對我說一句話嗎
我不需要不冷不熱的溫柔
給我能夠狠狠刺進被軟弱侵蝕的內心的話語吧

無論幾次 帶著一身的瘀青
讓眼淚流淌著
將不安定的心 寄託在彼此的肩頭
去反抗這糟糕的Bad End
不知為何 比喜悅更讓人舒爽的疼痛
深沉地響著
對著溼透的衣服一邊咋舌
一邊看著鼻青臉腫的對方笑了出來
在下著傾盆大雨的夜晚
彷彿向著被囚禁的日子發問一般
閃耀光芒的瞳孔中 立下復仇的誓約

推薦歌詞

發佈留言