Search
Generic filters
搜尋類型

Eve

分享此文章
FacebookTwitterLineEmail

Eve()

藝人名稱:SEKAI NO OWARI

專輯名稱:Habit

發行日期:2022-06-22

發行公司:UNIVERSAL MUSIC JAPAN

作曲:中島真一

作詞:Fukase

同專輯曲目

    • Eve
    • Habit

分享此文章

FacebookTwitterLineEmail

2022-07-27

歌詞原文

人目を気にして来たイルカショー
君はサングラスとハットをつけたまま
「可愛いけれど淘汰されるわ
時代が合わなくなるからよ」

ディナーで食べたラムのステーキ
君は野菜を全て残した
「美味しいけれど代わりがでるわ
時代が合わなくなるからよ」

冷たい声と裏腹に
君は拒んだ事がない
禍々しい言葉を飲み込んで
僕は君に顔を埋める

好きだけど在ってはいけない
制限の中で失っていくもの
僕らはきっと会ってはいけない
制限の中で守られたもの
拒める程高貴じゃない
君が消えるまで僕はずっと

レイトショー暗がりで指を絡める
物議を醸した問題作
「刺激的だけど規制されるわ
時代が合わなくなるからよ」

いつの日からか僕は
君の矛盾を指摘しない
僕に少しも利点がないから
「そうだね」とまた僕は微笑む

好きだけど想ってはいけない
この情熱が奪い去っていったもの
好きだから僕はいてはいけない
この諦めが守ってくれたもの
壊れるほど繊細じゃない
君のように壊れられたらどんなに

愛しさが憎しみに変わり
尊敬が軽蔑に変わっていっても
なのにまだ胸を締め付ける
端から知らなきゃ良かったんだこの禁断の果実

好きだけど在ってはいけない
制限の中で失っていくもの
僕らはきっと会ってはいけない
制限の中で守られたもの
拒める程高貴じゃない
君が消えるまで僕はずっと

歌詞翻譯

看海豚表演時
為避人耳目你戴著墨鏡和帽子
「可愛是可愛,但總會被淘汰的
因為不合時代了。」

晚餐吃朗姆牛排時
你把蔬菜都剩下了
「好吃是好吃,但可以被取代
因為不合時代了。」

與冷漠的言語相反
你從未拒絕過
一人咽下那些帶刺的話語
好想鑽進你的懷裡

但不能這樣
因為擁抱也是禁止的
我們絕對不能再見面
這是不得違背的命令
是容不得拒絕的天意
在你離開之前,我會一直……

夜場電影里黑暗中纏繞的手指
這部備受爭議的作品
「雖然很刺激,但這是受監管的
因為不合時代了。」

不知從什麼時候開始
我不再挑你的問題
因為這對我毫無益處
我又微笑著說「是啊」

好喜歡你,但我不可以這樣想
帶走這情感消散而去的
好喜歡你,但我不能在你身邊
守護著這份放棄於心的
並不是細膩而能隨意破壞的
要是我也能像你一樣無論怎麼被破壞

即使愛意化作仇恨
憧憬轉為輕蔑
這顆心仍被你牽動著
禁果不可採,要是一開始就明白這個道理就好了

喜歡上不能喜歡的你
這是不被允許的
我們再也不能見面了
必須遵守規矩
這是不可違背的天意
在你離開之前,我會一直……。

歌詞原文

人目を気にして来たイルカショー
君はサングラスとハットをつけたまま
「可愛いけれど淘汰されるわ
時代が合わなくなるからよ」

ディナーで食べたラムのステーキ
君は野菜を全て残した
「美味しいけれど代わりがでるわ
時代が合わなくなるからよ」

冷たい声と裏腹に
君は拒んだ事がない
禍々しい言葉を飲み込んで
僕は君に顔を埋める

好きだけど在ってはいけない
制限の中で失っていくもの
僕らはきっと会ってはいけない
制限の中で守られたもの
拒める程高貴じゃない
君が消えるまで僕はずっと

レイトショー暗がりで指を絡める
物議を醸した問題作
「刺激的だけど規制されるわ
時代が合わなくなるからよ」

いつの日からか僕は
君の矛盾を指摘しない
僕に少しも利点がないから
「そうだね」とまた僕は微笑む

好きだけど想ってはいけない
この情熱が奪い去っていったもの
好きだから僕はいてはいけない
この諦めが守ってくれたもの
壊れるほど繊細じゃない
君のように壊れられたらどんなに

愛しさが憎しみに変わり
尊敬が軽蔑に変わっていっても
なのにまだ胸を締め付ける
端から知らなきゃ良かったんだこの禁断の果実

好きだけど在ってはいけない
制限の中で失っていくもの
僕らはきっと会ってはいけない
制限の中で守られたもの
拒める程高貴じゃない
君が消えるまで僕はずっと

歌詞翻譯

看海豚表演時
為避人耳目你戴著墨鏡和帽子
「可愛是可愛,但總會被淘汰的
因為不合時代了。」

晚餐吃朗姆牛排時
你把蔬菜都剩下了
「好吃是好吃,但可以被取代
因為不合時代了。」

與冷漠的言語相反
你從未拒絕過
一人咽下那些帶刺的話語
好想鑽進你的懷裡

但不能這樣
因為擁抱也是禁止的
我們絕對不能再見面
這是不得違背的命令
是容不得拒絕的天意
在你離開之前,我會一直……

夜場電影里黑暗中纏繞的手指
這部備受爭議的作品
「雖然很刺激,但這是受監管的
因為不合時代了。」

不知從什麼時候開始
我不再挑你的問題
因為這對我毫無益處
我又微笑著說「是啊」

好喜歡你,但我不可以這樣想
帶走這情感消散而去的
好喜歡你,但我不能在你身邊
守護著這份放棄於心的
並不是細膩而能隨意破壞的
要是我也能像你一樣無論怎麼被破壞

即使愛意化作仇恨
憧憬轉為輕蔑
這顆心仍被你牽動著
禁果不可採,要是一開始就明白這個道理就好了

喜歡上不能喜歡的你
這是不被允許的
我們再也不能見面了
必須遵守規矩
這是不可違背的天意
在你離開之前,我會一直……。

Pona

一個外星女子

推薦歌詞

發佈留言